ホームページ » 成功まで挑戦500回…。流星を捕まえた《執念の写真家》に「美しい星空ベスト3」を聞いてみた

成功まで挑戦500回…。流星を捕まえた《執念の写真家》に「美しい星空ベスト3」を聞いてみた
2021/11/04
2021/11/04

Twitter上でインパクト満点の「流星」を撮影した写真が、17万以上のいいね(2021年11月2日時点)を獲得しています!

夜空を貫く迫力の大流星を激写!

投稿者は星や夜空を中心に撮影されている、フォトグラファーのHiroaki Sekiokaさん。 「とんでもない流星が撮れたので見てほしい」というコメントと共に公開した、衝撃の1枚がこちらです!

夜空を強く照らす流星 提供:Hiroaki Sekiokaさん

撮影場所は奈良県の大台ケ原。高原に続く白い階段道の上空に広がる星空の中で、写真中央左に、ひときわ大きな流星が!

暗闇を大きく切り裂くように左右に長く尾を引きながら、強く光り輝いています。ここまでハッキリと写った流星は珍しいですね。

ネットでの反応は?

大迫力の流星を捉えた写真に、多くのユーザーから驚愕と興奮の反応が次々と寄せられています。「スゴイ!」「星が誕生した瞬間?」「もう火球レベル」「願いが叶いそう!」といったコメントが並びました。

リプ欄を見る限り、投稿者さんと同様に夜空の写真を撮影しているユーザーから見ても、貴重な瞬間だった模様です!

投稿者さんおすすめの《星空の写真Best3》!

撮影当日は、オリオン座流星群を撮影するために奈良県へ出向いていたという投稿者さん。当時の意気込みについては…

「ちょうどその日に大台ケ原が晴れだったので、この構図で流星を撮るために向かいました。当時は『大台ケ原の美しい星空を撮る』をテーマに写真活動していましたので、迷いはありませんでした」

…と述べています。さらに、撮影成功までの経緯を伺うと…

「流星が流れるかどうかは運です。なのでこの構図で3時間同じ写真を撮り続け、500枚以上のボツshotを出しながら流星を待ちました。その結果撮れた1枚がこれになります。」

…との回答がありました。まさに投稿者さんの「粘り勝ち」といったところですね…! なお、投稿者さんのTwitterアカウントでは、同日に撮影した他の写真も公開しています↓

こちらもステキな流星の一枚です 提供:Hiroaki Sekiokaさん

さておき、渾身の一枚が撮れた瞬間の感想を尋ねると、

「流れた瞬間 『とんでもないことが起こった!』と思いました。急いでカメラを確認したところこの写真の流星が…。今まで何回も流星を見てきたし、他の人の写真でも見てきましたが、間違いなく火球!これ以上の流星はないと思いました」

…と、当時の興奮を臨場感たっぷりに語っていただけました。流星の中でも一際明るく輝くものは「火球」と呼ばれています。写真からでも、その美しさと力強い光が伝わってくるようですね。

最後に、投稿者さんが今まで撮影した星空の写真で、特に気に入っているものを3枚教えてもらいました!

洞窟の中から捉えた天の川 提供:Hiroaki Sekiokaさん

1枚目は和歌山県の洞窟で撮影されたもの。岸壁に縁どられた天の川が神秘的です…。

秋の夜 提供:Hiroaki Sekiokaさん

こちらは秋の夜空と彼岸花のコラボ。星と花の色合いが相まって、目に鮮やかな一枚です。

星にも負けない美しさの棚田 提供:Hiroaki Sekiokaさん

3枚目は和歌山県あらぎ島でのショット。国の重要文化的景観にも指定された棚田と、星空の構図が素晴らしいですね。

投稿者さんのInstagramでは、他にも星空の写真を多数公開していますよ!

Twitter:@hirography_321

Instagram:Hiroaki Sekioka

引用元:https://curazy.com/archives/499694,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント