ホームページ » 焼き肉を食べるとお腹を壊してしまう理由…ついついやってしまう事だった(引用元:kwsklife)

焼き肉を食べるとお腹を壊してしまう理由…ついついやってしまう事だった(引用元:kwsklife)
2021/04/20
2021/04/20

焼き肉を食べるとお腹を壊してしまう理由

「歳をとったせいで胃が肉の脂に負けてしまうのかな」と考えていたそうです。

ですがある日、友人と焼き肉屋さんに行った際にそのことを何げなく話すと友人は大真面目にこう言ったそうです。

「それは違うぞ。箸で生肉を触らないように食べてみろ。」

言われてみれば、肉を裏返す時などについつい自分の箸で肉を触ってしまっていたなと思い当たる投稿者さん。

この間焼肉の時に、年のせいか腹いっぱい焼肉食うと胃が脂に負けてトイレから出られなくなるんですよねーと話したら、「それ違うぞ。絶対食べる箸で生肉触らないようにしてみろ」と言われて真面目にトング使って焼いたら何とも無かったので焼肉食うたびに数時間後に腹を壊してる人に是非知って欲しい

今回はしっかりとトングを使って肉を焼いてみたところ無事、焼き肉を楽しむことができたそうです。

生肉をつかむ時はトングを使っているのにひっくり返す時などについ自分の箸を使ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

もちろん本当に脂に負けてお腹を壊すこともあるでしょうし、そもそも肉が体質的に合わなくてという人もいるでしょう。

ですが、普段しっかりと箸とトングを使い分けていないかもという人は以下のことに気を付けてみてください。

・生肉を取って焼き網に乗せるまでがトング。・焼いている肉をひっくり返すのは焼く時用の箸。・肉が焼けたのを確認したら、自分の箸で取る。

安全においしく焼き肉を楽しみ、暑い夏を乗り切りましょう。

引用元:https://kwsklife.com/yakiniku-stomachbreak/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント