ホームページ » 【驚愕】フランスのテーマパークで清掃員として雇われたのは…6羽のカラス!?→ 絶賛活躍中の訓練されたカラスたちがスゴすぎる…!!

【驚愕】フランスのテーマパークで清掃員として雇われたのは…6羽のカラス!?→ 絶賛活躍中の訓練されたカラスたちがスゴすぎる…!!
2021/11/25
2021/11/25

清掃員として雇われたのは…カラス!

フランス・バンデ県西部にある人気のテーマパーク「ピュイ・ド・フー」では、6羽のカラスたちが、園内清掃員として雇われた。

彼らは、タバコの吸い殻やゴミを拾うよう特別に訓練された、賢いカラスたちだ。

カラスたちがゴミを拾って一定の場所に捨てると、そこにある小箱からエサが出てくる。この仕組みを理解したカラスたちは、積極的にゴミ拾いを行っているのだという。

カラスがゴミを拾っている姿が園内美化につながれば

カラス清掃員を導入した目的は単に園内をきれいにすることだけではない。 「カラスですらゴミを拾い集めるのに人間が散らすわけにはいかない」と、来園者がそれに感化され、きれいなパークを保つ意識が高まるという目論見もある。

「わたしたち人間が、動物から環境を大切にすることを教わることができるのを示す目的もある」園長のニコラ・ドヴィリエは説明する。

賢いカラス

ハシボソガラスやコクマルガラスなどミヤマガラスの仲間は特に知能が高く、人間とコミュニケートしたり、遊びを通して関係を築くことができると考えられている。

研究者も、カラスは驚くほど頭が良く、道具を使う、複雑な問題を解決する、人間の顔を覚える、仲間同士でコミュニケートする、その他いろいろなことができると言っている。

自然主義者でテレビ司会者のクリス・パッカムは、自分のテレビ番組の中で、地上でもっとも頭のいいこの生き物の心を探ろうと、ブランというカラスに対して、かなり複雑な8つのテストを行った。

完璧にテストをこなしてしまうカラスに、クリスたちは驚きを隠せなかった。

こうした観察から、カラスにゴミ拾いをしつけ、清掃員として実務ができるかどうか試す実験につながった。

道具をも使いこなす

また、野生のカレドニアガラスは、くちばしで棒をくわえて鍬のように使い、木の幹に住む昆虫をかきだすことで知られている。

野生の若鳥は通常、年長者からこうしたテクニックを教わるが、研究室で育てられたベティというカラスは、これまでそうした経験もないし、手本を見せてくれる親もいないのに、ワイアから鉤状の道具をその場で作ったのだという。

日本やアメリカの都市部にいるカラスは、さらにテクニックを改良している。木の実を通行量の多い交差点の上から落としたり、車に轢かせたりして、固い殻を割る。そして、赤信号で車が来ないときをちゃんと見計らって、割れた木の実の中身を回収にやってくるのだ。

カラスと人間が共存する世界

園内清掃員として働く6羽のカラスは、野生生物専門家のクリストフ・ガボリが、ヒナから育て上げたものだ。

クリストフは最初は2羽のワタリガラスで訓練したところ、思いのほか効果を上げたため、ピュイ・ド・フーから依頼され、訓練したという。

カラスはゴミ集積所のゴミを漁ったり、敵認定した人に危害を加えることもあるが、彼らを良く理解することで、人間とうまく共存できる社会を築きあげることが可能なのかもしれない。

というより、これだけ賢いのだから、寧ろ共存の道を積極的に模索していく方が賢明であると思うがいかがだろうか…。

あなたはどう思いますか?

引用元:https://m-plus.club/archives/3526,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント