ホームページ » 定年退職を迎える駅員。最後の日に仲間たちが送った『サプライズ』に涙がこぼれる

定年退職を迎える駅員。最後の日に仲間たちが送った『サプライズ』に涙がこぼれる
2021/04/22
2021/04/22

春、それは出会いと別れの季節。これから社会人になる人もいれば、そこから巣立っていく人もいます。東京メトロ日比谷線で駅長として働く石山浩治区長。今年3月で定年退職を迎えることになりました。昭和50年に入団した石山区長は、駅で毎日多くの人を見守ってきました。山あり谷ありいろいろあった仕事人生、時刻表通りに電車を走らせるのが当たり前。誰に褒められるでもなく、毎日、社員のみんなで電車を走らせて来ました。

そんな石山区長へ、東京メトロの社員は、働く人の相棒であるサントリー「BOSS」と協力し、今までの感謝の気持ちを込めた『サプライズ』を決行することにしました。長きに渡り、駅の安全に努めてきた彼に社員たちが送った『サプライズ』とは……。

終電後の誰もいなくなった駅。最後の日とはいえ、いつも通り仕事をする石山区長。すると、突然ホームが暗転!

デジタルモニターに灯りがともり、映し出されたのは、一緒に働いてきた仲間たちからのメッセージでした……。

同僚・後輩、たくさんの仲間たちからのメッセージを、泣き笑いのような素敵な表情で見守る石山区長。

メッセージが終わると、灯りがつき社員たちが集まってきます。そして感謝の気持ちを込め、花束を手渡しで送ります。区長の瞳にはキラリと涙が光ります……。こうして退職を迎えた石山区長への『サプライズ』は大成功に終わります。最後の集合写真に映るたくさんの笑顔からは、人とのつながりの大切さが伝わってきます。そして石山区長がどれだけ仲間に愛されていたのか、その人柄が伝わってきます。みんながこうして団結して集まったのは、石山区長の人望の厚さゆえでしょう。胸がじんわりとするサプライズ動画を、ぜひご覧ください。

春、それは出会いと別れの季節。たくさんの人が、今いる場所から巣立っていくことでしょう。楽しい思い出、辛い思い出、たくさんの思いを胸に別の道を歩んでいきます。そしてまた、新しい場所でたくさんの出会いをするのでしょう。人との繋がりっていいもんだな、と思わせてくれる動画でした。石山区長、いままでお勤めご苦労様でした!

引用元:https://cadot.jp/topics/43503.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント