ホームページ » 知らない人80%以上…!左は「障がい者」のマーク。では右のマークは?

知らない人80%以上…!左は「障がい者」のマーク。では右のマークは?
2021/04/22
2021/04/22

車椅子が描かれたマーク。見たことはあれど、これの意味を考えたことありますか?見たままを答えれば、車椅子の人のためのマーク、たとえば車椅子で入れるとか、専用の設備があるとか、そういうことを考えるのではないでしょうか。全然違いました!!車椅子のマークは、「車椅子の人のため」ではなく、車椅子の人だけでなく「障害者のため」の、世界共通の国際シンボルマークでした。ちなみに意味は、障害者が利用できる建物・施設であることを明確に表すものです。ちなみに、国際シンボルマークは他にも「盲人のための」「聴覚障害者のための」シンボルマークなどがあります。さて、これを踏まえて今注目されているのは、株式会社石井マーク (@ishiimark_sign) さんがTwitterで出したこんなクイズです。

左は上でも取り上げた、障害者が利用できる建物・施設を明確に表す意図を持つ国際シンボルマークです。では、右の赤い斜線が引かれた車椅子のマークはなんでしょうか。斜線の標識を考えると、ダメって意味ですから、車椅子で立ち入れない場所とかでしょうか?答えの前に考えてみましょう!ヒントがありました。

これらの記号も、「同じシーン」で用いられる記号だそうです。

では、気になる答えは、、、

MRI(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像)、脳の検査装置です。このMRIからは非常に強大な磁場が発生しているので、磁場を乱す磁性体を身につけていると、すごい速さで装置へ飛んでいくのだそうです。画像にもあるように、死者も出たことがあり、決して笑い事じゃないそうです…

ツイッターの反応はというと…

ひぃ!実際にそうなった方がいるということでしょうか、それとも事前に説明を受けたのか…どちらにせよとても恐ろしいです。ちなみに骨折の時に入れているプレートや、ペースメーカーもアウトだそうです。

これは実際にあったことのようですね。ハサミとか刃物が飛んでいくのは本当に怖いです。

うっかり忘れそうですが、使い捨てホッカイロの中身は鉄の粉。寒い時期は要注意ですね!

言われてみれば、1台数千万かそれ以上、下手したら億単位のMRIです。MRI検査を受ける患者側は事前に教えてもらえるのでともかく、医療従事者はうっかりもできないのですね…MRIは医療関係者でないとあまり身近でないかもしれませんが、覚えておいて損はありませんね!友人知人が受ける時があったら是非教えてくださいね。

引用元:https://cadot.jp/topics/43530.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント