ホームページ » 双子は帝王切開でしか産めないの? 看護師の双子ママが手術の流れを解説…準備しておきたいものと心構え(引用元:maidonanews)

双子は帝王切開でしか産めないの? 看護師の双子ママが手術の流れを解説…準備しておきたいものと心構え(引用元:maidonanews)
2021/04/19
2021/04/19

双子を妊娠し、出産予定の病院に行くと、まだ安定期にも入っていないのにまずは出産の話をされるケースがほとんどです。双子の出産というと帝王切開を行ったというママが多いですが、本当にそうしなければ産めないのでしょうか。また、帝王切開が決まったら準備したいものなどについて、ママたちの意見も紹介しながら解説します。

双子って帝王切開?経膣分娩できないの?

双子を産んだという話を聞くと、ほとんどの人が帝王切開で出産しているようです。それしか選択肢はないのかと思う方も多いですが、実は双子でも経膣分娩で産むことは可能です。しかしそれには、条件やメリット/デメリットがあります。

▽経膣分娩の条件

まずは双子を経膣分娩で産む場合の条件を見ていきましょう。経膣分娩で産むときには以下の条件を満たしていることが必要です。

・妊娠34週以降・第一児が頭位であること・両児とも推定体重が 1800g 以上あることが確認できている・胎児のコンディションが良好・前回帝王切開で子供を出産していたり子宮の手術を受けたことがない

…ただし、この条件をすべて満たしいているからといって必ずしも経膣分娩で産むことができるというわけではなく、地域によって経膣分娩可能な地域と不可能な地域があるようです。

▽地域によっては難しく…医師から聞いたのは意外な事実

筆者は神奈川県で双子を帝王切開で産みました。その時、かかっていた病院は地域でも有数の大きい病院であったため経膣分娩ができないか確認をしました。その時医師から「この地域に双子の経膣分娩に対応できるほど熟練した医師がいないこと」「新生児集中治療室がひっ迫しており、もしも分娩中に子どもに何かがあった時にすぐに対応できる医療体制を整えられない」ことから、経膣分娩ができないと言われました。

一方で、ほかの地域で双子を出産したママたちは「条件を満たしていれば経膣分娩OK」といわれていたようです。地域の医療状況によっても経膣分娩の可否が決まるということになります。

経膣分娩で双子を生むメリットとデメリット

経膣分娩でふたを出産するメリットは主に3つあります。

1つは、より自然な分娩が期待できることです。赤ちゃんのタイミングで赤ちゃんのリズムに合わせて分娩ができるということです。

2つ目は出血量の減少と輸血量の減少です。帝王切開は手術となり子宮を切るため、今まで赤ちゃんに栄養を与えていた血液量豊富な子宮からの出血量は多くなり、輸血が必要となる可能性もあります。経膣分娩であればこれを回避できる可能性が上がります。

3つ目は感染リスクの減少です。帝王切開では手術をして外部に腹腔内をさらしていることや、傷を作るという観点から感染リスクは高くなってしまいますが、経膣分娩であればこのリスクも低くなるということです。

一方、デメリットとしては、臍帯下垂(さいたいかすい)、臍帯脱出(さいたいだっしゅつ)のリスクがあるということと、安全性についてです。

双子については例えば1人目が生まれた時点で陣痛が消失した、1人目が生まれた後2人目の心拍が弱くなったなどのリスクもあります。双子の経膣分娩の成功率は一般的に70~80%といわれ、決して低くはありません。ですが、医療機関によって成功率は異なるもののやはり8~9例に1例は片方もしくは両方が帝王切開になるリスクがあるということも、双子を経膣分娩で産む際には念頭に置いておくべきといわれています。

(Fred Facker/stock.adobe.com)

双子を帝王切開で産むときの流れについて

これから双子を帝王切開で産むという方がイメージできやすいように流れをご紹介します。

▽帝王切開前日から当日

双子の場合ほとんどの方が管理入院などで前日までに入院をしており帝王切開の説明も1週間前に受けているはずなので前日もいつも通りに過ごすことができます。ただ、夕食以後の食事は摂れないので夕食はしっかりと食べておきましょう!

▽帝王切開当日から子どもが生まれるまで

帝王切開当日は最後のNST(胎児が元気かどうか、胎児の心拍の推移を調べる)を行った後は、帝王切開の時間まで術衣を着て待機です。

周りの双子ママも帝王切開前の最後の大きなおなかを写真におさめているので、余裕があれば写真に収めておけると良いでしょう。今まで切迫早産で絶対安静だった方たちも、もう安静にしている必要がなくなるので多くの場合手術室まで徒歩もしくは車椅子で行きます。

手術室に入室後は、背中から麻酔のチューブを入れて、麻酔をかけます。下半身の感覚が無くなったことを確認できたら帝王切開が始まります。帝王切開中は適宜、助産師さんが頭側で帝王切開の進捗状況を説明してくれます。医師も赤ちゃんを取り出すときには取り出す旨を伝えてくれます。

取り出した後赤ちゃんの健康状態を確認するため、取り出してすぐの顔は見れませんが5分以内には赤ちゃんを連れてきてもらえ、対面することができます。

▽双子帝王切開の場合バースプランはあまり聞いてもらえないことも

最近、出産をするときにバースプランといいどんなお産にしたいかなどの希望を聞いてもらえるものがあります。双子帝王切開の場合、手術扱いになることや母子の健康状態が第一優先となることもあり基本的にあまりバースプランを聞いてはもらえません。私が帝王切開をした病院でもバースプランの実現はできないと言われました。唯一できたのがBGMを変えることでした。

引用元:https://maidonanews.jp/article/14323749,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

内容が終わっていません。次のページをクリックして引き続き閲覧してください。
コメント