ホームページ » 浮気現場を見た夫のキチガイすぎる行動…間男と妻の現在に寒気が(引用元:kwsklife)

浮気現場を見た夫のキチガイすぎる行動…間男と妻の現在に寒気が(引用元:kwsklife)
2021/05/03
2021/05/03

男女の関係っていつになっても平和に過ぎることはないですね。浮気をする理由ってなんでしょうかね?そのあとに待っているのは破滅なのに・・・

今回は浮気現場を見た夫のキチガイすぎる行動を紹介します。

きっかけは匿名の手紙から…

仕事をまじめに働いていたある営業マンは若い女性と知り合い、一年程度の付き合いを経て結婚をしました。

一軒家に住み、何のトラブルもなく夫婦2人で仲良く過ごしていたのです。

そんな3年経ったある日、一通の封筒が仕事場の旦那のもとに届きます。

その手紙には無地の封筒で「○○様」と書かれた自分宛の手紙がありました。

その手紙の内容は

「あなたの奥さんは日中あなたがいない時間、自宅に若い男をしょっちゅう連れ込んでいますよ」

でした。

結局何も分からず、途方にくれました。そんなある日・・・男は思いついたのです。

手紙に書かれているように不倫男が自宅を訪れる時間帯を自分自身で確かめてみよう!と。

浮気の真相発覚

出張に行くと見せかけて自分の家が見えるところで監視をしてみることに。

すると本当に不倫らしき男がやってきました。

家の中に入っていき、30分以上経ってもでてこないので確認し、家の中に入ってみると中から聞こえてくるのは明らかに妻の嬌声だったのです。

その瞬間、男の頭の中で凄まじい何かが弾けました。その後はなんとも悲惨な現状に…。

人格が崩壊したように不倫男と妻を殴る、蹴るの暴力の嵐。極めつけは家の階段から突き落としたのです。

2人を骨折させ、助けてと命乞いをしている2人をさらに殴り、動けなくなった2人を縛った後、車のトランクに入れ、廃墟へ連れて行くという恐ろしい行為を実行しました。

結末に寒気が…

その廃墟の前で深さ3mほどの穴を見つけ、まだ意識がある二人を穴に落とし、2人の持ち物と縛ったバンドを切るためのカッターナイフなども一緒に穴に落として家に帰ったのでした。

すぐに2人が自分のことを訴える・・・そう思っていたのに実際はまったく騒ぎにもなりません。

連絡は当然ないとしても事件性もなく、警察が動いている気配もない。なんで!?自分がやったことは夢だった?いや、そんなはず…

男は訳が分からなくなり確認をしに行ったのですが、すでに更地になり何もかも消えていたのでした。

もしかしたら2人は、なんとか自力で穴から這い上がり、男に見つけられないようにあえて真相を隠したのかもしれません。

しかし、本当の真相は闇の中です…。

誰しも怒りで我を忘れて人格が崩壊することがあります。

まじめに熱心に働いている人が愛する人から裏切られると『人は凶器にもなってしまう』のです。

もう理性が飛んで動物的な行動しか起こせなくなってしまうのも。そしてそれだけ浮気というものが人を傷つける証拠でもあります。

その結果として離婚などが減ることがないのでしょう。

男と女の浮気は違う?

そもそも浮気とは本命の恋人と交際関係を維持しながら、無断で他の異性と交際することです。

男は浮気をするとき理論的にはあまり意味はないそうで。

自分の子孫を残そうとする本能を持っているため、その女性に性的なものを感じ取れれば無意識に欲情してしまうそうです。

しかし、みんな本能のままに生きているわけではありません。多くの男性はこの本能を理性の力でねじ伏せて生活しているのです。

なので浮気をするのは失うものの大きさがあまりないと感じる時なのかもしれませんね。

それに対して女性が浮気をするときはまったく違います。

女性が浮気をする心理は明確な理由が隠されているのです。それが・・・さびしいから。

今は女性も働く時代ですが、子供が出来ると主婦に入ってしまう人は少なくありません。

そのため、家庭内にこもりっきりの生活でさびしいと感じている人もいるでしょう。

そのため、寂しがり屋の女性や孤独に耐えられない女性は優しくしてくれたり構ってくれる男性に心を奪われます。

相手のことが大好きでも寂しさは補えないのです。

寂しい時に甘い言葉をかけて優しく接してくれる男性が現れると気の迷いが生じてその男性の方に流れてしまうこともあるでしょう。

何もなく浮気をする理由はないのです。

異性に対しても誰に対しても相手を思いやる気持ちを大切にしてみることが大事なことですね。

引用元:https://kwsklife.com/cheatingsite-behavior/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント