ホームページ » ここまで差が… 1998年製と2015年製カローラを正面衝突させた実験に身震いする

ここまで差が… 1998年製と2015年製カローラを正面衝突させた実験に身震いする
2021/04/19
2021/04/19

あらゆるものが時代によって進化を遂げていますが、車も今とひと昔前ではずいぶん性能に差があるようです。1998年製と2015年製のカローラ、この2台を正面衝突させてその耐久性を比べる実験が公開されて話題となっています。約20年という月日は、車の性能にどれほどの差をもたらしたのか?

ご覧のように左が1998年製、右が2015年製のカローラ。それぞれを約64km/hの速度で正面衝突させるのがこの実験です。

安全のため、両車ともさまざまなチェックを行い、不備がないか確かめます。そしていよいよ実験開始です!!果たして2台のカローラ、どのような結果になるのでしょう?

正面から激しくぶつかった2台のカローラ。映像だけでもその衝撃のすごさが伝わってきます!!そしてそれぞれの破損状況はというと……

1998年製のカローラはバンパーに加え、Aピラーもひどく折れ曲がり、まさに大破という言葉がふさわしい状況。もし乗っていたら…絶対に無事では済まないのが容易に想像つきます。

一方、2015年製のカローラは車体の損傷はもちろんありますが、運転席にご注目。こちらは破損せず無事、もちろんエアバックも機能しているので運転手も助かったことでしょう。明らかに車体の衝撃度合に違いがあるのがわかります。

引用元:https://cadot.jp/topics/45300.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント